大阪市立科学館に

大阪市立科学館に親子4第三者でレジャーをめぐってきました。目下、6年齢の赤ん坊が「妻、地球と太陽はどっちが高いの?」とか、「空の上は宇宙、宇宙の上はなに?」など宇宙に興味を抱き、問いをするようになったので、コレは授業がてら連れて行こうと思い立ってのことです。
赤ん坊は此度で科学館に遊びに行くのは3回まぶたで、自分は昔に遠足や赤ん坊会で行ったことがあります。ここは、まさに見て触って遊びながら、科学や理科のことを分かることができます。建物は4フロア建てで、各階に様々な小道具が展示してあり、運が良ければ係の方が目の前で理科の試験もののサイエンス公演を披露してくれる。幼稚園児や小学低学年くらいまで、あきる店のない小道具がいっぱいあるので、何時間も楽しむことができます。

また、4フロア建ての開示ロケーションは中学校以下は無料で、大人も1第三者600円とリーズナブルな額面がありがたいです。もう一度、豪雨の太陽も寒い冬場も館内なので、天気に左右されることなく楽しめることは連れていく親にとって、大きなポイントだと思います。

眠る前は星を眺めたりもしていたので、パパと赤ん坊、3年齢の子どもは将来初のプラネタリウムにも行ってみました。大きなプラネタリウムで、リクライニングバージョン。うっとりするような満天の星で、係の方が星座や惑星についてわかりやすく解説してくれました。但し、残念だったことは資産を払ったものの、プラネタリウムを道中退席したことです。子どもが依然としてジッとできないようで、支障になるかもしれないと願い、自分は子どもと共に退席しました。パパと赤ん坊は楽しんで観ていたようです。もう一度、帰宅する頃に、偶然赤ん坊の仲良しのお友達が来ていることが判明。赤ん坊は恥ずかしそうで、また嬉しそうでした。そういった実績から、科学や理科の面白さに気づいてくれたらありがたいです。楽天カードの申し込みならキャンペーンを利用するとGoodです